自信はフィジカルに鍛えよ!メンタリストDaiGoに学ぶ「自信をつける3つの方法」

スポンサードリンク



こんにちは、よっしー(@kokiyossy)です。

以前「後悔しないための仕事選びの3原則」を紹介しました。

メンタリストDaiGoから学ぶ「後悔しない仕事選びの3原則」

2017.12.15

 

この記事ではDaiGo著『面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略』を参考にしたのですが、今回は同書より「自信を身につける三つの方法」についてお話します。

 

自信はフィジカルに鍛えよ

一般的に「自信をつける」というと精神論や根性論が持ち出されがちです。

しかしながら、DaiGoさんはこうおっしゃてます。

基本的に、人間の精神状態というものは、「コントロールするぞ」とがんばったからといってコントロールできるようなものではありません。やる気とか根性とかの問題ではないのです。

つまり精神論や根性論では自信はつかないんですね。

 

では自信を身につけるためにはどうすればいいのか?

その方法が本書に3つ示されています。

  1. 毎日運動すること(その際、できれば太陽の光を浴びること)
  2. セロトニンが増える食事をすること
  3. 瞑想をすること

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

毎日運動する(その際、できれば太陽光を浴びる)

運動は30分の散歩で十分

「毎日運動しろ」とはいっても別にハードにする必要はありません。

 

たった30分の散歩で十分です。

 

散歩に限らず毎日できそうな運動であればなんでもOK。

とにかく運動の習慣を作ることが重要です。

 

運動の効果を高めるには朝の太陽光を浴びるのがいい

日光を浴びると幸せホルモンであるセロトニンが分泌されますが、

特に朝10時までの日光浴が有効であることが研究でわかってます。

よって運動の効果を高めるには朝の太陽光を浴びるのがベストです。

 

最高の運動は朝の散歩

  • 運動は毎日30分の軽い運動で十分であること
  • セロトニンが分泌されるには朝の日光浴が有効であること

 

以上の2点から毎朝30分の散歩が最高の運動だといえます

 

セロトニンが増える食事をする

セロトニンは不安を和らげ、精神を安定させるために最も重要なホルモンです。

先ほど日光を浴びるとセロトニンが分泌されるといいましたが、食事を変えることでもセロトニンを増やすことができます。

セロトニンを増やす食べ物の例を挙げると

  • サバやイワシといった青魚
  • バナナ
  • チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品
  • 豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品 

基本的には普段の食事に好きなものを取り入れればいいのですが、

特に朝の摂取がおすすめです!

 

瞑想をする

瞑想はとても簡単なエクササイズかつ効果も科学的に実証されている

瞑想がメンタルにいいというのはよく聞く話だと思います。

でも瞑想ってなんかうさんくさいし敷居も高いんだよね…

そう思う気持ちはわかりますが、実際には瞑想は

  • とても簡単なエクササイズであり
  • 効果についても脳科学、精神医学のエピデンスが出そろってきている

というわけで安心かつ効果的なんですよ。

 

瞑想の具体的なやり方

瞑想にはいろいろやり方がありますが、

  1. 背筋を伸ばして座る(座り方はイスでもあぐらでもどちらでも可)
  2. 姿勢を保ったまま、少しリラックスして軽く目を閉じる
  3. 5秒以上かけてゆっくり息を吸う
  4. 5秒以上かけてゆっくり息を吐く
  5. このペースで呼吸を続ける

瞑想でやることは基本的にこれだけです。

要するにリラックスして座り、ゆっくりとした呼吸を続けるだけ!

これなら無理なくできそうですよね。

 

まとめ

  • 自信は精神論、根性論ではつかない。フィジカルに鍛えよう
  • 自信をつけるには毎日の運動、特に朝の散歩がおすすめ!
  • 幸福ホルモンであるセロトニンは日光浴と食事で増える
  • 瞑想はとても簡単なエクササイズ。リラックスした状態で座り、ゆっくりとした呼吸を続けるだけ
メンタリストDaiGoに学ぶ「自信をつける3つの方法」

いかがでしたでしょうか。

いすれも簡単に日常に取り入れられるものばかりです。

ぜひ実践してメンタルを鍛えていきましょう!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です